2007年11月07日

Francis Dubreuil も秋のピーク

Francis Dubreuil には軽い夏剪定をしました。
蕾の上がり方はまちまちで、
息の長い咲き方をしています。

2株合わせて7輪咲いている今あたりが
ピークなのかしらと思います。

FD071115.JPG

FD071103-x.JPG FD071103-5.JPG 
FD071025-5.JPG

先月末の全体像。
この木は横幅190x110cm、土面からの高さ110cm。
スタンドをはずして床に直置きすれば高さ140cmです。

FD071025-1.JPG
右で垂れて曲がっている枝は
伸ばさずそのままに測りました


一重の花がまた咲きました。
この間咲いたように高い株のてっぺんに、2つも!

FD071103-9.JPG FD071103-7.JPG

今まで暖かだったので
蕾はまだまだ上がってきています。
が、週明けからは気温が下がってきそうですから、
開かずに終わることになるのでしょうか。
posted by くらまま at 01:05 | Comment(9) | TrackBack(0) | My Roses
この記事へのコメント
綺麗ですね〜。
ところでこれで何号の鉢に植えていらっしゃるのでしょう。
10号くらいですか?

我が家はまだ若木が多いせいか、
秋の花はそんなでもありません。
鉢も小さいので少し大きくしてみようかと!

初めてベランダの様子を窺い知れる写真を
拝見できて、ちょっと嬉しいです。
Posted by Finviahta at 2007年11月07日 06:25
> Finviahtaさん
全体像写真のフランシスは8号スリット鉢大苗で届き、
http://kuramama.up.seesaa.net/image/FD1018-1.JPG
(2005年10月)

どんどん大きくなって、
http://kuramama.up.seesaa.net/image/FD0425-6.JPG
(2006年4月)
http://kuramama.up.seesaa.net/image/FD070423-g.JPG
(2007年4月)

夏に12号プラ鉢に植え替えたところです。
株が充実するまで大苗から2年かかっています。


梅雨明けに葉が落ちてしまったので、
夏の花は摘蕾し剪定は控えめにし、
調子が悪ければ秋花は諦めるつもりでした。
何とか体制を持ち直して咲いてくれました。

Posted by くらまま at 2007年11月07日 23:55
わ、丁寧に有り難うございます。
二枚目の写真は私も以前拝見させていただいたことがあるものでした。

12号とは! やはりそのくらいにはなっちゃうのですね。
何故か鉢植えは10号まで、という変な先入観があって、
そこで留めなければいけないのだから我が家に着たばかりなのに
いっきに大きな鉢に植えてしまっては
その後ずっと薔薇に窮屈な思いをさせてしまう、と
薔薇たちも結構6号とか7号植えが多いんです。
ちょっとここは腹を据えて、大きな鉢を用意したいと思います。
Posted by Finviahta at 2007年11月08日 03:31
> Finviahtaさん
うちも8号か8号ロングポットでほとんど間に合っていますよ。
12号ですら窮屈そうにしているのはルイーズ・オディエ…。
(--;)頭痛いです。
Posted by くらまま at 2007年11月08日 18:43
Francis Dubreuil 結構大きくなるのですね。カタログでいつも心惹かれるバラです。ウチは濃い色が無いのでこういうのが一本あるとしまるんだろうけど...一本となると逆に迷ってしまってなかなか決めかねています。
Posted by MAKI at 2007年11月08日 23:46
大苗で買って、株が充実するまで二年ですか。
やはりそのくらいかかるのですね。
そして12号鉢ですものね。
私ももっと伸び伸び育ててあげないといけないなぁと、反省してます。
Posted by 銀 at 2007年11月09日 05:29
> MAKIさん
鉢植えフランシスの性質が知りたくて、なるべく自由に伸ばしてきたつもりです。
今年ようやく樹高の限界を感じました。
来年からは、枝の長さを春90cm、秋130cmくらいに保ちながら咲かせていこうかなと考えています。
京阪さんのカタログでは60~80cmとありまして、最初からそのつもりならばその大きさで樹形をつくれるのではないかと思います。

赤バラを1本だけ選ぶというのは究極の選択ですね。(^.^)
Posted by くらまま at 2007年11月09日 20:36
> 銀さん
狭小日陰で小さく収まる品種を選ぶために、
もっといろいろな情報が欲しいなあって思います。

フランシス以外のバラはなるべく抑えようと思い、
ロングポットにしたりと苦戦しています。

今年の国際バラとガーデニングショウでは、
ピエール・ド・ロンサールを
ブッシュタイプ樹形にまとめたものが
出展されていていました。
高い技術あっての作品ですが、
小さくまとめられる可能性があることがわかっただけでも
私にとっては大きな収穫でした。


Posted by くらまま at 2007年11月09日 22:11
くらままさん、
ピエールのブッシュ仕立て、私もネットや雑誌で見たことあります! びっくりですよね。
ノイバラのミニ盆栽などもそうですが(樹高20cm程度なんですよ!)、ピエールですらあのくらいに纏められるのかと思うと、非常に影響されました〜。だからと言って自分でできるわけではないけど・・・。
技術の力を感じます。我流じゃ難しいのかも知れないけど、ちょっとやってみたいです^^。
Posted by 銀 at 2007年11月10日 05:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...