2010年11月08日

Louise d'Arzens 晩秋

おそらくこれが今季最後の一輪

鉢をこちら向きに回してみたら

11/8 11/8
         11/8
         11/8

整ったロゼット咲きです…!
しばし心を奪われました

ルイズ・ダルザン、今年はよく働きました

緩慢な成長を見守るように過ごしてきましたが
いつの間にか6号鉢では窮屈そうな感じ
お引越ししなくてはね
posted by くらまま at 18:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | My Roses
この記事へのコメント
え。ずっと6号だったんですか? 何年間?
このところ我が家では薔薇鉢の大きさがどんどん縮小傾向にあります。
8号あれば、大概足りますよね。
大苗などは8〜10号に植え付け、という育て方に従っていたら
生育がイマイチでどんどんサイズダウンしています。、
というお話を某小○内さんにしましたら
ベランダガーデナーからそういう話を良く聞く、と仰っていました。
Posted by Finviahta at 2010年11月08日 19:03
なんて上記のことを一生懸命書いていたら
肝心のルイーズのことを忘れていました。
もーぅ、カップ咲き、オールド好きにたまらない花容ですね!!
薔薇園でもこれがあの..と、ついついしげしげと眺めちゃうんですよ。
Posted by Finviahta at 2010年11月08日 19:06
見事ですねぇ。
クリクリもいいけど、やっぱりカップ咲きも!
こんなの咲いちゃうと大概のことは許せますね。
しかも、働き者とは!!
繊細そうに見えて働き者って最高じゃないですか。
Posted by MAKI at 2010年11月09日 23:21
ルイズ・ダルザンさま・・。
初めて拝見いたしますわ・・。
今年最後の1輪なのですね・・。
名残惜しいですね・・。

あまりに美しすぎて・・
ため息が出ました・・。
本当に素敵な薔薇様ですわ・・。
Posted by Violetta at 2010年11月11日 21:54
> Finviahta さん
これは2008年春に新苗で到着してから同じ鉢(6号)で育ててきました。
私は、ぎりぎりの大きさの鉢に植え付けて、根が回ってから鉢増しをして、
その繰り返しで株を大きく仕立てていくことが多いんですよ。

ルイズ・ダルザンは今まで鉢増しには及びませんでした。
今年やっと、地上部は新苗時代の5〜6倍くらいになりました。
根も窮屈そうになってきました。
ようやくエンジンがかかってきたのかな?

枝も増えづらかったので、なるべく剪定せずにいましたが、
今度は少し整えても大丈夫かしら…?
Posted by くらまま at 2010年11月12日 00:13
> MAKIさん
ダルザンにはいろいろなお顔がありますね。
5/21 http://kuramama.up.seesaa.net/image/LA100521-8.JPG

5/31 http://kuramama.up.seesaa.net/image/LA100531-2.JPG

8/13 http://kuramama.up.seesaa.net/image/LouiseD'Arzens100813-a.JPG

9/14 http://kuramama.up.seesaa.net/image/LA100914-3.JPG

気温が低いと外側の花弁がカップを形成し、整った感じになりますが、
こんな咲き方になったのはめずらしいです。

成熟期に達したバラは強いですね。
来年にも期待したいと思います。
Posted by くらまま at 2010年11月12日 00:23
> Violetta さん
そうですね。名残惜しいものですね。
来年春までお預けというのはほんとうに長く感じます。

ルイズ・ダルザンに限ったことではありませんが、
オールドローズはHTやER,フレンチローズと比べると
花が二周りかそれ以上に小さくて、いかにも華奢な感じです。
うちのような狭い場所には、それが丁度合っているような気がします。
Posted by くらまま at 2010年11月12日 00:40
うう…絶句!
か、かわいい…ツボだっていいましたよね?!
ノワゼットって小さいうちは忍耐なんですよね。
でも、数年経って成熟すると、丈夫でちゃんと咲くようになるんですね。
我が家もルイズちゃんのおばあちゃんバラ?のラフィートさんがひっそり過ごしております。未だ、初夏に2輪のみ…(^-^;
Posted by ねお at 2010年11月15日 16:35
> ねおさん
ノアゼットには、ぐんぐん伸びて大輪の品種があれば、
一方には、枝も花も樹高も華奢な品種があるし、幅が広いですね。

ねおさんのツボは、後者のほうね♪
大型のノワゼットを先に見ていると、
小型ノワゼットの樹勢の弱さや華奢さが心配になりますが、
小さいなりに成熟しますので、そっと待っていればいいんですね。

私も、ラフィートの美形子孫をいくつかテラスに忍ばせて、
いつも誰かが咲いている感じにしたいなあ、なんて思うんですよ。
Posted by くらまま at 2010年11月17日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168704497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...