2010年06月05日

Sonia Rykiel

5月初旬から約一ヶ月間、
ソニア・リキエルが咲いていました

7 May 10 May

昨シーズンのソニア・リキエルは好調で
3月まで咲きつづける元気のよさ

2ヶ月弱の短い休息の後に咲いたのは
艶やかな色としっとりとした花弁の
これぞソニア・リキエルといわんばかりの春の花

           18 May 18 May
19 May 19 May

オールドローズ比率の高い我が家で
モダンローズの豪華絢爛さを堪能することができるのは
このソニア・リキエルです

2010春の樹形
冬剪定後の枝ぶりはこんな感じ

今年、ソニア・リキエルの鉢(13号)には
オルラヤが同居しています

Orlaya Grandiflora 5/31 Orlaya Grandiflora 6/5
バラの鉢に種を直播してみたんです
posted by くらまま at 18:18 | Comment(11) | TrackBack(0) | My Roses
この記事へのコメント
わわわ! この樹形のシルエット、きれい!!!
すご〜い、どうやってるんですか?
カッコイイ!!!

かなり、細枝を残すんですねぇ。
とても参考になります。
やはり、私は切りすぎかも…
前にも聞いたかもしれませんが
このソニア様は何年目くらいですか?
ソニア病が ぶり返してきました…
Posted by メアリー at 2010年06月06日 09:13
> メアリーさん
私は、ソニア・リキエルが初めてのモダンシュラブだったので
どんな性質なのかを知りたくて、いろいろ試した挙句に、
この1〜2年はできる限り鋏を入れない管理をしてきました。

もちろん、もっと切っても大丈夫だと思いますよ。
下の写真は先月開花前の京成バラ園のソニア・リキエルです。
ベーサルシュートを80〜100cmでばっさり冬剪定しています。
http://kuramama.up.seesaa.net/image/SR40keisei0514.JPG
私の経験では、50cm位だと少ししか咲きませんでした。
ベーサルを100cm前後、夏の枝の長さが150cm前後になるくらいが
機嫌よく咲いてくれるのではと思います。

樹形図は手書きですよ。
ベーサル1本ずつの枝ぶりを、トレーシングペーパーに書き、重ねたものです。
Posted by くらまま at 2010年06月07日 10:56
> メアリーさん追伸です
ソニア・リキエルは2006年1月に大苗から育て始めましたので、満6歳ということになります。
Posted by くらまま at 2010年06月07日 11:24
ソニアの見事な枝ぶりに 見入ってしまいました。
昨年よりもさらに立派になって、楽しみですね。
うちのは枝数が増えず、そのまま少し大きくなったかな・・・?って程度ですが、
昨年と比べると花が一回り大きくなりました。
Posted by オニポン at 2010年06月07日 19:16
ひぇぇぇぇ! 手書きですか!!!
私、どうやってこんなにきれいなシルエットに写真を加工したのだろうと思って拡大してみてました。
なんだか、鉛筆のような水墨画のような美しいシルエットを見て
すごい技術だなぁ〜と思っていたのですが…
御見それいたしました!!!

くらまま様って、画家みたい!
花を描くよりずっと難しいですぅ!
Posted by メアリー at 2010年06月07日 21:14
> オニポンさん
最初の年に強めに剪定して、あまり成績がよくなかったので、
性質もよくわからないことだし放任してみよう、と考えました。
でも、翌冬はやっぱり思い切りがつかずに(笑)
100cmちょっとのところで剪定することに。
その結果が案外良かったので、
さらに次の年からはほとんど剪定せずに育てた結果、
今の樹形があります。

ソニア・リキエルは、
サイドシュートを気ままにしか出してくれないですね。
新しい枝はもちろん、今ある枝を残すと
早く大きくなるかもしれないですね。
花が大きくなったのは嬉しい兆候ですね。
Posted by くらまま at 2010年06月08日 22:47
> メアリーさん
そんなにびっくりしないでくださいね。(笑)
やっぱり、花を描くほうがずっと難しいと思いますよ。

絵は、枝ぶりを平面に投影させるので
わかりやすくなりますね。
実際の枝は立体的に構成されていますから
ちょっと違うんですけれどね。
Posted by くらまま at 2010年06月08日 22:52
いいえ、びっくりします!(笑)
私もこの絵に参りました。
立体的な枝を平面に写し取ること自体、難しくないですか?と言いますか、私には難しすぎて、ぜったいできません。

そして剪定後にこれだけたくさん枝があるというのは、非常に考えさせられるものがあります(^^;)。残しているつもりでも、やっぱり私はガッツリ切ってたんだなぁと実感。

その上、オルラヤも同じ鉢だったのですね。
どっちもちゃんと育っててさすがだ〜。
バラの足元に何か欲しいけれど・・・、というのは常に思うことなのですが、どうもうまく行かない。
私の場合、選ぶ植物が(も)悪いのでしょうけど、成功例を見せていただけるのは参考になります!
Posted by 銀 at 2010年06月09日 10:47
> 銀さん
それぞれの枝ぶりをスケッチするのは、決して難しくはありませんけど、
根気は要るかもしれません。(笑)

ソニア・リキエルは、ベーサルシュートを短くしすぎるとサイドシュートの出が少なくなり、
長く残しすぎると細いサイドシュートになる、といった傾向がありそうです。

小枝は、葉の数をかせぐために残しています。

オルラヤは、一年草だというところも同居人としておあつらえ向きなんです。
Posted by くらまま at 2010年06月10日 00:53
いやっ、この樹形図、私もすごいと思います。
分かりやすいだけでなくとっても綺麗。

でも、本当にきちんとバラのこと把握してるというか、愛が深いんですねぇ。
尊敬。

やっぱりいけないよなぁ、気分で切ってちゃ。
Posted by MAKI at 2010年06月10日 11:23
> MAKIさん
いえいえ、スケッチには根気が要るだけですから。(笑)

バラの好きにさせると、たくさん咲くことが多いかもしれませんが、
やっぱり、気分や都合で切ることになりますものね。
そういうときにもたくさん咲かせられるのがプロなんですよ。
Posted by くらまま at 2010年06月10日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152295315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...