2010年11月28日

Les Petites Murmure LXV

変化朝顔の種、タデアイの種
小さなテラスにささやかな収穫の日が訪れました

ところが、

タデアイ 11/28

タデアイはしまったことに!
すでに大部分が自然にこぼれた後でした

今月初めのタデアイの写真を見返してみると
この時点で、熟した種がもういくつもあったのです
気が付いていませんでした

タデアイ 11/3

開花期の長い花の場合、
種も順番に出来上がっていくんですね
しかし、こんな小さな種を
熟した順に、数日毎にとっていくのはちょっと大変…
来年はいい手を考えたいものです
posted by くらまま at 17:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年11月22日

発酵開始25日目

米こうじとコーンスマイルで米ぬかを発酵させ始めて25日目となりました

厚手のビニールゴミ袋に資材を入れ、それを段ボールの中に入れました
ビニール袋の口は折り返して水滴がつく面積を小さくし、かつ、蒸気が逃げやすいよう全開になっています
段ボールには古新聞を7〜8枚重ねたもので蓋をつくり、かぶせてあります
この古新聞の蓋から蒸気だけが外に逃げています
不思議と臭いはもれないんですよ

写真を追加しました

11/23
資材を段ボールに直接入れないのは
段ボールにぬかがしみ込んで弱るのを防ぐためです
透明のビニール袋をつかうと
箱から取り出して観察するのが簡単です

11/3
こんな紙蓋でも虫やナメクジの侵入を許しません
新聞紙は蒸気で濡れて痛んでくるので、月に1度くらい取替えています

11/23
箱の底にも湿気がたまりますので
土ふるい網に箱を乗せて風通しを良くしています


さて、この発酵途中の米ぬか君、
昨日までは袋の底のほうに青白っぽい新しい菌の塊が増えいました
表面の変化の少ない部分と均一になるようによ〜く切り返してきました

今日は温度は40℃、pH7で数値上は変化なしですが、
その状態はうってかわっており、
表面からビニール袋側面に少し入り込んだところまで、
つまり空気に触れている部分で、
びっしりと白〜灰色のふわふわの菌糸ができていました

香りも今までとは違います
ぬか臭に納豆臭が混ざっています
一日ちょっとでこんなに変わるもんなんでしょうか

これから高温になりそうな気配…
水600ccを加えました
posted by くらまま at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自家製米ぬか発酵堆肥

2010年11月21日

Les Petites Murmure LXIV

バラから小菊へ…
テラスの主役が交代する季節です

11/21
                11/21 11/21

レディ・ヒリンドンの足元を飾ってくれています
posted by くらまま at 12:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物雑記

2010年11月14日

Les Petites Murmure LXIII

おしまいかなと思っても、
ぽつりぽつりと蕾があがります

Francis Dubreuil 11/13
フランシス・デュブリュイユ

               Lady Hillingdon 11/14
               レディ・ヒリンドン

もう開ききりはしないけれど
秋が深まり、ますます色艶は増して
シックな雰囲気のバラたちです

そして、ご近所の紅葉をば…
posted by くらまま at 09:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | My Roses

2010年11月08日

Louise d'Arzens 晩秋

おそらくこれが今季最後の一輪

鉢をこちら向きに回してみたら

11/8 11/8
         11/8
         11/8

整ったロゼット咲きです…!
しばし心を奪われました

ルイズ・ダルザン、今年はよく働きました

緩慢な成長を見守るように過ごしてきましたが
いつの間にか6号鉢では窮屈そうな感じ
お引越ししなくてはね
posted by くらまま at 18:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | My Roses

2010年11月06日

桃栗3年ユリ7年…?

昨日、マルタゴンリリーの種まきについて検索してみたところ、
Rainbow Lily Seed ( http://lilyseed.com/ )というサイトに詳細な情報を見つけました

マルタゴンリリーの発芽の特徴として、

・マルタゴンの種子が発芽するためには、華氏70F(摂氏21.1℃相当)で3か月間、
 続いて華氏40〜45F(4.4〜7.2℃)で3か月経過させることが必要
・最初の温暖な3か月のあいだに発根し、小さな球根を形成する
 続く3か月間の寒冷刺激で発芽の準備がされ、その後の暖かさで初めて発芽する

マルタゴンリリーの発芽管理と育て方は、

・ビニール袋に湿らせたパーライトを入れ、その中に種を蒔きうす暗くして管理する
 3か月間家の中の温かい場所(給湯器のそばなど)に置き、球根ができているのを確認後、
 今度は'冬'のような場所(冷蔵室で良いのかな?)に3か月間管理する
 そして、鉢に5〜6mmの深さで定植するが、そのとき、鉢底に2.5〜5cm厚で炭を敷くと良い
 成長期の2年間は植え替えをしないようにし、(半?)日陰で育てる
 花後は乾燥気味でも耐えられる

サイト管理者がおっしゃるには、

・発芽までに18か月かかることがある
 芽が出なくても、その植木鉢を3年間は保存しておくことをお勧めする
 マルタゴンは成長が遅いので、種からだと咲くまでに7年かかることがあるが
 待つ価値はあると思う

拙訳すると以上のような内容でした
開花まで最長7年を覚悟するユリだなんて!

今屋外に蒔くと発芽は再来年です
人工的に温度管理(11〜1月は20℃、2〜4月は4〜7℃)を今すぐ始めれば、
順調に運んで来年の5月以降に発芽ですね
手はかかりますが早いほうがいいなあ

お気楽に球根を買い求めていた自分を少し反省…
posted by くらまま at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | My Lilies

2010年11月04日

仕込み

米ぬかの発酵からはじまる自家堆肥つくり
先週からスタートしました

11/1 11/3

10/28 材料を仕込みました

今回は
 生米ぬか                 3.5kg
 米麹(味噌つくり用の余りを冷凍してあったもの)1.0kg
 古い糠床                 1.5kg
 水                      2.0kg
合計8.0kgでスタートです
回を重ねるごとに量が増している気もしますが…
がんばります
糠床には塩分が含まれますので要注意なんですけれどね
使ってみます
前もって米麹を解凍し、さらに室温に一日位置きました
古糠床も事前に水気をできるだけ取っておきました


10/31  3日目
早くも35℃まで上昇してきました
pHは7です
発酵菌資材コーンスマイルを気前良く500g追加しました

11/1  4日目
40℃、pH7
麹の心地よい香りがします

11/3  6日目
45℃、pH7
発酵は軌道にのり順調のようです


毎日底の方までしっかりと切り返します

コーンスマイルをつかうと青い菌が繁殖します
ミカンに生えるアオカビとは少し雰囲気が違うかなあ…
お礼肥や夏選定の芽だし肥につかったところ問題は発生していないので
この菌は我が家ではOKということに

注:「コーンスマイルをつかうと青い菌が繁殖する」と捉えていましたが、
  偶然そうであっただけのようです。

  メーカーさんにお伺いしたところ丁寧なご回答をいただきました。

  コーンスマイルは菌糸を発生させないようにしてあるそうです。
  それは、菌糸が発生すると製品に塊ができてしまうためだそうです。
  青い菌糸は米ぬかにもともと付着している菌である可能性が高い、とのことです。
  油かすや米ぬかに発生する菌は、有機肥料を分解して植物が吸収できる形に
  変えてくれる良い菌で、病原菌とは全く違った菌ですので
  ご安心ください、とのことです。
  
posted by くらまま at 06:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自家製米ぬか発酵堆肥

2010年11月03日

Les Petites Murmure LXII

8月の終わり、同じ日に蒔いたビオラとコスモス

F1ビビエッセンス`ジュピター` 10/28

気の早い子がもう咲いています
いろいろなパンジーを蒔いてきましたが、
こんなに短時間で開花にたどりついたのは初めてです

コスモス`センセーション・ホワイト` 10/18

コスモスは哀れなことになりました
夏を越えながらからだを作っていく植物なんですね
来年は夏前に蒔かなくては

Orlaya Grandiflora 10/24

オルラヤは順調ですよ

タデアイ 10/13 タデアイ 11/3
一か月前と現在

タデアイは、藍染を楽しんだあとに伸びた芽に花が咲きました
これで種が取れれば一石二鳥です

Francis Dubreuil 11/3

フランシス・デュブリュイは
外側の花弁が縮こまってしまっています
日中20℃を切るようになると、こうなりがちです
フランシスの花が美しく鑑賞できる温度の幅は
ピンポイントになっています
ちょこっと気難しいフランシスです
posted by くらまま at 15:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年11月01日

Les Petites Murmure LXI

サナギ君は越冬コースを選んだようです

でも、頻繁にドアの開閉があって、
人や物が出入りするあんな場所にいるサナギ君を
ひと冬守りきる自信もなく

サナギ君の新居
びっくりしないでね〜

お引越ししてもらいました

サナギ君がショックを受けていないと良いのですが…
お腹あたりの一点をアロンアルファで竹に接着したんです(^^ゞ
posted by くらまま at 10:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...