2010年03月31日

その後

フランシス、開きました。

フランシス・デュブリュイ 3/30 フランシス・デュブリュイ&ポンポン・デ・パリ&蕾のクレマチス・ペトリエイ

雲が去れば、まばゆい春の陽が!
お日様のぬくもりが嬉しいのはバラもヒトも同じですね

2日前の月曜日は雨天だったし、その後も低温続きだったにもかかわらず
活発に葉を展開し始めたバラでは、鉢土は予想外に乾いていて、
あわてて水遣りをしました

posted by くらまま at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | My Roses

2010年03月30日

Les Petites Murmure XXX

3月のタイトル画像のバラは
イングリッシュローズの`ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド`でした

The Ingenious Mr Fairchid The Ingenious Mr Fairchid 
昨年5月、京成バラ園にて撮影

さて新年度、新学期目前となりましたね
フレッシャーズの皆さんに幸多きことをお祈りします!
posted by くらまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月27日

遂に…!

3/17 
フランシス・デュブリュイユ&ポンポン・デ・パリ 

Francis Dubreuil の大きな蕾がほぐれ始めました。(*^_^*)
Pompon de Paris とのコラボも成功。
クレマチスのペトリエイも
もうすぐこのコラボに参加してくれることでしょう。


近年の研究で、
 現在栽培されているFrancis Dubreuil は
 1894年に作出されたオリジナルのとは異なっている
という考え方が定着しつつあるようです。
そして、今の Francis Dubreuil を、
ティーローズではなく、ハイブリッドパーぺチュアル
に分類することが多くなってきました。

しかし、

We just wish that we could call it as a Tea.
(Tea Roses - Old Roses for Warm Gardens - より引用)

私も同じ気持ちです。
posted by くらまま at 19:44 | Comment(12) | TrackBack(0) | My Roses

2010年03月24日

秒読み

昨夜から雨が降り出して、再び冬の寒さに見舞われています

フランシス・デュブリュイユ

Francis Dubreuil がここまできました
香りも辺りに広がっています

次に暖かい日が訪れたら、咲いてしまいそうな予感がします

メラスフェルラ・ラモーサ

メラスフェルラ・ラモーサは、
咲き進んで
本来の花色「ライトイエロー」になりました
でも、カスミソウのような花いっぱいの風景には至りません

もっと栄養をあげればよかったな

Terrasse 3/24

雨の日はますます暗いバラの葉陰です
posted by くらまま at 14:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | My Roses

2010年03月22日

Les Petites Murmure XXIX

オーニソガラム&フリチラリア&シャロン 大人気のパンジー`シャロン`

窓に差し込む明るい日差しに惑わされ、
うっかり薄着をしそうになった北風の連休最終日
今日は、お日様の当たり具合を見ながら
植木鉢を移動させました

オルラヤ&ユリ&ラークスパー&ウィンティ&キルタンサスなど

テラスの日照は季節毎に変化しますので、
少しでも明るい場所を求めるべく行うことになる
春秋のお彼岸頃の恒例の作業です

ユリ&チェリーセージ&ドドナエア・プルプレア(ホップブッシュ)

これからバラの葉が勢い良く茂り始めると
その葉陰に置かれた草花たちは、とてもかわいそうなことになります

そんな我が家の環境に合う草花を
試行錯誤して選んでいるつもりなんですけれどね…(-_-;)

今年はこの子たちに
ALA(5-アミノレブリン酸)を試してみようと思います。
posted by くらまま at 15:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月21日

Les Petites Murmure XXVIII

春の嵐は眠っている子を起こすのか
朝早くから植物たちは忙しく動いていました

ポンポン・デ・パリ

フライングで2輪咲いてから一週間、
ポンポン・デ・パリが本格開花をはじめたようです

背景のクレマチス・ペトリエイはいつもどおりの進み方
今年はバラだけが早いです

FD100321.JPG

このテラスでの開花一番乗りバラのタイトルを
Pompon de Paris に譲ったフランシス・デュブリュイユの蕾にも
美しい色がのってきました

Veronica'Oxford Blue'
いっきに咲き始めた
ヴェロニカ`オックスフォード・ブルー`


うれしいことが♪

昨年は咲かなかったローズマリー・ホワイト
ついにお花を見ることができました

Rosmarinus officinalis albiflorus

『バラの木陰のホワイトガーデン』の中心的存在になるように
大きな株に育てたいなと思っているんです

ええ、まだあきらめませんとも
posted by くらまま at 21:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月19日

メラスフェルラ・ラモーサの開花

舌を咬みそうな聞きなれない名前の球根植物`メラスフェルラ・ラモーサ`
今朝、かわいらしい小花がひっそりと咲き始めました

3/18 Melasphaerula ramosa 
拡大

花色はライトイエローのはずなんですが、今時点ではグリーンの指したホワイトです

11/21 球根を植えつけたところすぐに芽をだし 
       2/15 真冬にもかかわらず花芽がでてきてびっくり 
              3/1 花茎が伸びるにつれ 
       3/6 手品師の帽子から万国旗がでてくるみたいに 
3/16 次々と花の房が現れました

花茎は80cm、花房は9段です
最盛期にはカスミソウのようになるそうです

同居人のシラーとチューリップはまだまだ咲きそうにありません
この子と一緒に植えればよかったですね↓

チューリップ`ライトブルー`3/19

ブルーとイエローでは色が合わないだろうと思ったのです
でも両者とも違った色になりましたからね(笑)

posted by くらまま at 19:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 植物雑記

2010年03月18日

定点観測 2010

当地では3月15日前後を境に気温が上がり始めます。

そこで、いわば季節の分岐点となるこのタイミングで、バラたちの様子を定点観測してきました。
定点観測では、バラ同士を比較することで各々の特徴をつかみやすくなるという利点も生まれます。

冬〜現在までの様子でバラたちをおおまかに分けると、
休眠せず真冬でも葉が残ったのは、

  Sophie de Baviere(アルバ)
  Laure Davoust(ハイブリッド・ムルチフローラ)
  Pompon de Paris(チャイナ)
  Princesse de Sagan (チャイナ?)
  Honorine de Brabant(ブルボン)… 昨年は休眠しました
  Francis Dubreuil(ティー)
  Lady Hillingdon(ティー)
  Aimee Vibert(ノワゼット)
  Louise d'Arzens(ノアゼット)
  Lavender Meillandina(ミニ)… 昨年は休眠しました

冬休眠し、この時期に新芽を伸ばし始めたのは、

  White Provence (ケンティフォリア)
  Bourbon Queen (ブルボン)
  Louise Odier(ブルボン)
  Variegata di Bologna (ブルボン)
  Duchesse de Brabant(ティー)… 昨年は休眠しませんでした
  Mademoiselle de Sombreuil (ティー)
  Princesse de Sagan (ティー?)
  Ellie Beauvillain(ティー・ノワゼット)
  Burgundy Iceberg(フロリバンダ)
  Wonka (HT)
  La Rose de Molinard(シュラブ)

この時点では芽がほとんど動いていないのは、

  Fericite Parmentier(アルバ)
  Russelliana(ハイブリッド・ムルチフローラ)
  Sona Rykiel(シュラブ)… 秋の残り花が咲いています

今年は定点観測時点でポンポン・デ・パリの春の一番花が咲いている
ということが最大の特色です

画像はそれぞれバラの名前にリンクしてあります

オールドローズ
 ┣ Felicite Parmentier (アルバ)
 ┣ Sophie de Baviere (アルバ)
 ┣ Bourbon Queen (ブルボン)
 ┣ Honorine de Brabant (ブルボン)
 ┣ Louise Odier (ブルボン)
 ┣ Variegata di Bologna (ブルボン)
 ┣ White Provence(Unique Blanche) (ケンティフォリア)
 ┣ Laure Davoust (ハイブリッド・ムルチフローラ)
 ┣ Russelliana (ハイブリッド・ムルチフローラ)
 ┣ Aimee Vibert (ノワゼット)
 ┣ Ellie Beauvillain (ティー・ノワゼット)
 ┣ Louise d'Arzens (ノワゼット)
 ┣ Pompon de Paris (チャイナ)
 ┣ Princesse de Sagan (チャイナ?)
 ┣ Duchesse de Brabant (ティー)
 ┣ Francis Dubreuil (ティー?)
 ┣ Lady Hillingdon (ティー)
 ┣ Mademoiselle de Sombreuil (ティー)
 ┗ Princesse de Sagan (ティー?)

モダンローズ
 ┣ Burgundy Iceberg (フロリバンダ)
 ┣ Lavender Meillandina (ミニチュア)
 ┣ La Rose de Molinard (シュラブ)
 ┣ Sonia Rykiel (シュラブ)
 ┗ Wonka (HT)


ちょうどこの時期に開花するベロニカ`オックスフォード・ブルー`も
バラに混じって定点観測しています。

Oxford Blue
3/14 昨年よりも1週間遅い開花です
posted by くらまま at 04:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | My Roses

2010年03月16日

Les Petites Murmure XXVII

春めいたこの日、テラスの植物たちは一斉に動きました

青いチューリップ、`ライトブルー`が開花

チューリップ`ライトブルー` 3/16 チューリップ`ライトブルー` 3/16 
       2日前はこんなでした

ブルー…?

世界ではじめての青いバラです、
というニュースをみたときを思い出すような(~_~)


pH6〜8は中性です

因みに鉢土のpHは中性でした
まずは、咲き進んで青みが増すことを期待しましょうか
posted by くらまま at 14:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月14日

Les Petites Murmure XXVI

週末は気温がぐんぐんあがり、
咲き始めたポンポン・デ・パリはすっかり開きました

Pompon de Paris

冬の間なかなか開ききらなかったソニア・リキエルもこのとおり

Sonia Rykiel

フランシス・デュブリュイユの、秋の持ち越し蕾
外側の花弁が萎びたようになっていましたが、
精一杯の力を出して咲いてくれました

Francis Dubreuil

バラの動きは早めですが、
クレマチス・ペトリエイなど他の植物たちは
いつもどおりの様子に感じます
posted by くらまま at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月12日

Les Petites Murmure XXV

京成バラ園芸HPコンテンツに『お散歩日記 STROLL DIARY』というコーナーがあります。

お忙しい中、スタッフの方が月2回ずつほど日記を更新してくださっています。
バラ園の風景やお手入れなどの様子を知ることができ、
毎度楽しみに拝読させていただいております。

広大なバラ園のプロの手によるバラつくりは
我が家の狭いテラスには直接的にはあてはまらないことも多々ありますが、
我が家では見られないことを見せていただけるのがバラ好きの私にはたまらないのです♪

本日、新しい日記がアップされましたよ。
posted by くらまま at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月11日

Les Petites Murmure XXIV

かのオードリー・ヘップバーンがホスト役を務める
『庭園紀行』(1993年、ロサンゼルスKCET制作)というDVDを観ました。

オードリー・ヘプバーンの庭園紀行 1(Amazon該当ページにリンクしています)

シリーズ第1巻は、前半が「バラとバラ園」、後半が「チューリップと春の球根草」の2編構成になっています。
17年も前に、オードリーのガーデニングがらみの作品が作られていたなんて知りませんでした。

彼女が1989年に銀幕から去って1993年に亡くなるまでの間に制作されたということで、
オースチンのERは取り上げられていませんが、私には十二分に楽しむことができました。


追記:YouTubeで、第1巻のではありませんがビデオクリップ(メイキングビデオのようです)
   がアップされていましたので貼ります。



日本語製品版では、日本語字幕(ナレーションは日本語吹替え)になっています。
posted by くらまま at 00:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月08日

薔薇の便り

Pompon de Paris Pompon de Paris

さっき気づいたのですが、
ポンポン・デ・パリが咲きかけていました。

秋の咲き残りではないです。
旧枝に付いた、まぎれもない今シーズンの一番花…!

一ヵ月後の今日に咲いたとしても、「早すぎる〜」って言われそうなところですよね
桁外れのフライングに「納得できない」と言いつつも、しっかりとシャッターだけは押していました。

というわけで、
我が家のバラシーズンが予想外の展開で始まりました♪
posted by くらまま at 16:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | My Roses

2010年03月05日

日比谷公園のバラ花壇 冬風景

枝だけのバラを黙々撮り続けるあやしいオバサン…?

σ(~_~)

冬の日比谷公園に通いはじめて3シーズンめ。
バラたちの順調な生育ぶりには驚かされるやら羨ましいやらです。

まずは、ゴジャール花壇から Rose Gaujard を。
9株あるようですが、大きさや枝数に大きなバラツキがないように思います。
個体差の小さい品種なんでしょうか。

Rose Gaujard
ローズ ゴジャール

そして、Rose Optimiste。
ひとつ消えてしまったのかな?1株分空いています。
これも株の様子が概ね揃っているように感じます。

Rose Optimiste Rose Optimiste
ローズ オプティミスト

デルバールローズの花壇は、HT芳純の花壇をはさんで、
日比谷公会堂側と大噴水側の2箇所にあります。
ゴジャールやERの花壇よりも日当たり条件が良い場所です。

第二花壇 Delbard 第二花壇 Delbard

支柱等を使わずに仕立てている Nahema。
今年は絶対に春咲いているところを見ようと思っています。

Nahema3 Nahema
ナエマ

Chant Rose Misato です。
Nahema 以上にすらりとした株立ちですね。

Chant Rose Misato Chant Rose Misato
シャンテ ロゼ ミサト

一方、背丈が低くこじんまりとしているのが Madame Figaro。
地植えでもこれだけコンパクトですから、
鉢植えにしても本来の力を発揮してくれそうに感じます。

Madame Figaro Madame Figaro
マダム フィガロ

ピンク・ヴァイオレットでシックなバラの Chatreuse de Parme。
枝は若干横張ですね。でも、味のある風景が作れそうです。

Chatreuse de Parme
シャトルーズ ド パルム

そして、La Rose de Molinard。
この2株を見るたびに、手持ちのモリナールの貧弱さを思い出して
申し訳ない気持ちになります。
パルム同様かなりの横張りさんですが、パルムよりも大きく伸びます。
私は独自に、モリナールを1m以下に切ってはいけないカテゴリーに分類しています。

La Rose de Molinard
ラ ローズ ド モリナール

暴れる株としてはモリナールのはるか上をいく(?)のが Emotion Bleu。
シックで美しく香りもすばらしいバラですが…。
広いお庭があればぜひお迎えしたいバラのひとつです。

Emotion Bleu
エモーション ブルー

次はデルバールのペントゥールとグラン・シェエフの花壇から。
比較的に小さくまとまるのがピサロとミシェル ブラス。
ユトリロは背が高く見ごたえがありお庭向きなのかもしれません。
いずれも、秋にも良く咲く働き者のバラたちです。

Camille Pissarro
カミーユ ピサロ

Maurice Utrillo
モーリス ユトリロ

Michel Bras
ミシェル ブラス

最後にデビット・オースチン(イングリッシュローズ)花壇から。

第二花壇 Austin

秋にも美しく咲いていた Abraham Darby。
むしろ、色の乗りは秋のほうが上かもしれなかったです。

Abraham Darby
アブラハム ダービー

ダービーが大株なのに対して、Jubillee Celebration はコンパクトです。

Jubillee Celebration
ジュビリー セレブレーション

The Generous Gardener はお隣同士の枝を絡ませあって半つる仕立てにしたようです。
これも春の花が楽しみ♪

The Generous Gardener
ザ ジェネラス ガーデナー

コンパクトなブッシュでチャイナ系の雰囲気を漂わせる he Dark Lady。
秋の返り咲き性はとても良く、このバラの最大のメリットなのではと思えるほどです。
日比谷通りの並木の陰で、花色がいっそう美しく発色できているように感じます。
ここのザ ダーク レディはほんとうに綺麗です。

The Dark Lady
ザ ダーク レディ

ところで、冬の日比谷公園は野鳥の楽園でもあります。
この日もお昼休みを楽しむウォッチャーの方をお見かけしました。

ツグミ

公園の本当の主かもしれないニャンコちゃんたちは
みな健在のようで何より。

ねこ

バラの咲き頃にあっちもこっちも見に出かけるのは大変ですけれど、
日比谷公園のフレンチロースとERはご覧のとおりの枝数ですから春の花は必見ですよ〜。
posted by くらまま at 15:17 | Comment(10) | TrackBack(0) | ガーデン訪問記

2010年03月04日

Les Petites Murmure XXIII

年末ころからはピンク色で咲いていたホワイトのエキナセア
ゆっくりゆっくり咲き進んでここまできたら、全体が枯れ込んできました。

タコ星人じゃない

春を目前に今から休眠?!

いえ、

とんがらしでもない

新芽がスタンバイしていますね。
posted by くらまま at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures

2010年03月03日

Les Petites Murmure XXII

バラ好きでエンジェル好きの皆さん、かわいいフリーフォントがありますよ♬。
これで遊ばない手はありません。

Cherub *リンク先ページの最下行にあります
font `cherub`
3132 x 1308 pixel 大きく開きますのでご注意を

新しいフォントをインストールする方法はOSによって違います。
XPの場合は「コントロールパネル」→「フォント」を開き、
「ファイル」→「新しいフォントのインストール」をクリック、
「フォントの追加」が開いたら、DLしたフォントファイルを保管したフォルダを指定します。
表示されたフォント名一覧からインストールしたいものを選択し、実行します。

下は Laure Davoust とプリムラ・マラコイデス・ウィンティー。
ダヴォーが咲くのはGWの頃、
ウィンティーはもう終わっていることでしょう。残念。

プリムラ・マラコイデス`ウィンティー`
posted by くらまま at 21:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | Les Petites Murmures
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...