2008年02月25日

ひと冬咲き続けた Lady Hillingon

まだ、冬は終わってはおりませんが。(^^ゞ

カンテラのような暖かな黄色の灯火で
北風のテラスを飾ってくれたLady Hillingon でした。

LH080131.JPG
1月末の花。
色が薄くて咲ききらないのは、気温が低いからだけでなく
冬は日照足りなくなることにも理由があるのかな?


LH080120-7.JPG LH080209-5.JPG
蕾のまま終わるのだろうと思っていた花も、
立春を過ぎてからふんわりと開いてくれました。


LH080224-1.JPG LH080220-2.JPG LH080220-3.JPG

しかしここに来て、後続の蕾が途切れましたので剪定しました。
枝先を整えるというより、例年どおりに深く切り戻しました。

お疲れ様でした。
冬のバラの楽しみを教えてくれてありがとう!

LH080224-4.JPG
posted by くらまま at 00:02 | Comment(12) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月23日

冬のローズガーデン訪問

ローズガーデンを訪れて、
自分の持っているバラが植えられているのを見たら
嬉しいでしょう?

私も、ある屋上庭園を訪れて
フランシス・デュブリュイユを我が家以外で初めて見て
とてもとても感動しました。

そこを訪れたときには、
春バラの季節はもう終わっていたのですが、
幸運にも一輪咲いていてくれていて、
嬉しいご対面となりました。

FD@TTRGmay07.JPG

さて、この時期になって、
あのフランシスがどう剪定されたかを知りたくなり、
足を運んでみました。

FD@TTRG.JPG
手前の株がフランシスです
まだ若い苗ということもありましょうが
結構ばっさりと切られていました。
高さは3〜40cmでしょうか、
これならコンパクトにまとまりますね。

今度は開花頃に是非会いに行こうと思います。
posted by くらまま at 00:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデン訪問記

2008年02月21日

春、始動?

昨日は天気予報どおりの穏やかな日で、
久々に植物のお手入れをしました。
が・・・どうも鼻がムズムズ!
油断していました。
どうやらそちらのほうも到来のようです。
(≧o≦)...ヘクション

LH080220.JPG

バラに芽だし肥をあげました。
急ごしらえの発酵米ぬかを団子にし、他の肥料と共に置き肥にし、
紫外線避けに馬糞堆肥をパラパラと降りかけました。
発酵米ぬか中の菌類には紫外線に弱いものがあるそうです。

鉢土の表面には元気な細根がびっしりと張っていますから
`穴を掘って肥料を埋める`のはなかなか難しいです。
今回もやむなく置き肥となったわけです。

芽出し…?

SB080220.JPG Sophie de Baviere 
RRFP080220.JPG Rose du Roi a Fleurs Pourpres 
EO080220.JPG Eye Opener 
GI080220.JPG Green Ice

いえ、もう芽が伸びています。(^^ゞ
posted by くらまま at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月18日

白い小花

バラに合わせるとしたら白い小花もまた素敵です。

アップル・ゼラニウム
匍匐する花茎に小輪が散りばめられます。
青林檎の香りも楽しみのひとつ。

PelargoniumOdoratissimumapr07.JPG LH070415-4.JPG
アップル・ゼラニウム 2007年4月


ビオラ&パンジー
春の定番ですが、
毎年ニューフェイスが登場するので
楽しみの多い花ですね。

VIolaWorldfeb08.JPG
江原ビオラ 2008年2月
神戸ビオラバニー
神戸ビオラバニー 2006年2月

オルラヤ・ホワイトレース
レースフラワーのような集合花です。
草丈50cmほどになりますが、茎はしなやかで
何かにもたれるようにして伸びていきます。
一年草ですが、こぼれ種で容易に増えるようです。

OrlayaGrandiflora'WhiteLace' may07.JPG
オルラヤ`ホワイトレース` 2007年5月

カラミンサ
かすみ草に似た花です。
草丈30~40cmほど。ミントの香りがします。
花期が長く、初夏から秋までずっと咲いていてくれます。
小さな鉢でも我慢してくれますが、地植えにすれば大きくなります。

カラミンサaug07.JPG
カラミンサ 2007年8月

そして、この春新しく迎えたのが
プリムラ・マラコイデス`メローシャワー`
白い半八重咲きのプリムラです。花は小さめです。
草丈は20~30cmくらい。
メロンの香りがするそうですが、まだはっきりと香りません。
暖かくなったら香るかしら?

PrimulaMalacoides`MelloShower`feb08.JPG MelloShowerfeb08.JPG
プリムラ・マラコイデス`メローシャワー` 2008年2月
藤色のエッジが入ることもあるようです
posted by くらまま at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月16日

米ぬかを発酵させる

味噌を仕込むときに余った麹で米ぬかを発酵させてみました。

1/21 米ぬか・ふすま等1.5kg、麹300g、水400cc
    をよく混ぜて屋外にて発酵開始。
    推定5℃前後。
 
1/28 全然変化しないので室内に移動。
    乾燥してきていたので、水も100cc程追加。
    推定15℃〜20℃。

1/31 甘酒の香りがしてくるが発熱している雰囲気はない。

2/ 4 甘酒の香りにぬか床の香りが加わってくる。熱はない。
    納豆の藁つと1個分を刻んで加える。

2/ 7 ぬか床臭がだんだん強くなり、室内では限界!
    以前天然はんぺんを放り込んでおいた段ボール箱中の土に放棄混ぜ込む。

2/11 土の箱を恐る恐る覗いて見る。ぬか床臭は消え、
    なんとも芳しい香りが立ち込めている。熱はない。

2/13 箱を包んだポリシートの内側がずぶぬれになっていたので、
    雨が入り込んだと思い恐る恐る蓋をあける。
    なんと湯気が出ている!土がかなりホカホカしている。
    やった、発酵したよ!感激〜!
    甘酒の香り、ぬか床の香り、ツーンとアルコール臭。
    それらが不均一にミックスされた体験したことのない臭気。
    土はスコップで切り返す。
    ポリシートで箱を包むのはやめて、そのかわり
    大きい段ボール箱に入れて二重箱にしました。(臭い対策のつもり)

2/14 盛んに発酵中。昨日よりも土の表面が白っぽくなっています。
    発酵米ぬか080214.JPG
    段ボール箱を二重にしたのに臭いが漏れてくる。
    真冬以外の季節ではムリかも。

2/15 土の表面に白い綿のような菌糸がびっしりと張っている。
    そして乾燥が進んでいる。
    切り返そうとするとシャベルが土の硬い塊りに当たり、
    塊りを崩すとパラパラ、サラサラの状態になる。
    昨日よりも少し温度が下がってきている模様。
    
以上のような過程を辿って、
米ぬかを発酵させることができました。
発酵がもう少し落ち着いたら市販の肥料に混ぜて、
芽出し肥料として使おうと思います。
posted by くらまま at 00:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自家製米ぬか発酵堆肥

2008年02月14日

バラを迎える準備

我が家のいくつかのオールドローズは、
耐暑性に問題を抱えているかも知れない、
と思うようになったところですが、

そうは言っても、
春の開花シーズンに向けての夢が
萎むことはありません。

Viola.JPG

この板には Sophie de Baviere と
Rose du Roi a Fleurs Pourpres を誘引してあります。

この2つはまさに、耐暑性の弱さを疑われているんです…

バラに似合いそうなビオラたち。

type(1)080131-2.JPG type(2)080131-1.JPG type(3)080131-2.JPG 
type(4)080131-2.JPG type(5)080131-2.JPG

この冬一番の寒さが訪れています。
気をつけて過ごしてくださいね!
posted by くらまま at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月12日

教科書どおりではない^^;…温暖化の影響?

我が家のバラたちが夏に眠ったように止まってしまったのは
気温が高すぎたからではないかしら…?

今まで気に留めたことのなかった USDA Hardiness Zone ですが、
我が家のバラたちの(冬の最低気温で見た)栽培可能ゾーンを
Rogers Roses および EveryRose.com でチェックしてみました。

Felicite Parmentier (アルバ) … zone 4
Honorine de Brabant (ブルボン) … zone 5-6
Laure Davoust (ランブラー) … Zone 5
Rose du Roi a Fleurs Pourpres (ポートランド) … Zone 5
Sophie de Baviere (アルバ) … ?
White Provence(Unique Blanche) (ケンティフォリア) … Zone 4-5

Louise Odier (ブルボン) … Zone 5-6
Rembrandt (ポートランド) … Zone 5
Zoe (モス) … Zone 4-5

各系統についての最適範囲の概要は、Antique Rose Garden さんの
耐寒性・耐暑性のめやす
の解説がとても参考になります。

また、自分の地域がどのゾーンであるかは、
ドイツの種苗会社jelittoのサイト中の
HARDINESS ZONES JAPAN©Aboc-sha&Co.,Ltd. 提供資料)
で知ることができます。

私の地域はこの分類では9aでした。
アルバ、ガリカ、ダマスク、ケンティフォリア、
ポートランドなどのオールド・ローズの上限とされるゾーンです。
しかし、この目安はあくまでも耐寒性に関してのものです。
耐寒性がぎりぎりOKであっても、
耐暑性の最適範囲から外れている可能性があります。

加えて、ここ数年の暖冬の要素もあります。
Yahoo!天気情報の過去の天気で確認しますと、
当地で1〜2月に最低気温が−1℃に達したのは、
一昨年に2日あるだけで、昨年は0日、今年も今のところ0日です。
そうなりますと私の地域は10aです。
上記品種は最適ゾーンからはずれ、
ブルボン、HP、チャイナ、ティー、ノワゼットですら
ぎりぎりセーフということになります。

さらに、我が家の南西側テラスは、
夏場は西日がタイルを温めて厳しい暑さになります。
こういったことを考えあわせてみれば
バラが夏に弱る状況が生まれる原因が見えてくるのではないでしょうか。

SR070906.JPG
夏に強い Sonia Rykiel は我が家の救世主かも

そういえば最近、いくつかのナーセリーの取扱い品種から
アルバやガリカなどが減っているのも
ティーやノワゼット、暖かい地方のファウンドローズが増えているのも
もしかしたら温暖化に関係があることなのでしょうか…。
posted by くらまま at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月11日

教科書どおりではない^^;…夏に弱るバラ

LD080109-2.JPG

写真は Laure Davoust (ランブラー) です。
昨春、新苗で受け取った後しばらくは
シュートを1本出しぐんぐんと伸びていましたが、
梅雨の頃、テラス中に蔓延していた黒点病に罹って丸坊主になり、
枯れることもなく新芽を吹くこともなく、
夏〜秋をじっと過ごしていました。

ところが12月になって、
ご覧の通りの小さな新芽を吹きはじめたのです。
長い眠りから覚めたと言わんばかりの活発さ、
葉の量も増え続けています。

Laure Davoust に限らず、
夏以降、丸坊主あるいはそれに近い様子でじっとし続けたバラは、
我が家には他にもあります。(^^ゞ
Felicite Parmentier (アルバ)
Honorine de Brabant (ブルボン)
Rose du Roi a Fleurs Pourpres (ポートランド)
Sophie de Baviere (アルバ)
White Provence(Unique Blanche) (ケンティフォリア)
一季咲きまたは返り咲きのオールド・ローズばかりです。
そして、南西側テラスに置いているバラたちです。
しかし Laure Davoust と違い、現時点で
これらでは新芽の動きはまだほとんど見られません。

一方で、北東側テラスにも
Louise Odier (ブルボン)
Rembrandt (ポートランド)
Zoe (モス)
を置いているのですが、これらは秋まで葉が茂り、
初冬から休眠に入りました。
順調なサイクルを送っているようです。
日当りはこちら側の方が圧倒的に不利なんですけれどもね。
この差はどこからくるのでしょう?

明日につづきます
posted by くらまま at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月10日

教科書どおりではない^^;…浅い眠り

お世話のしかたをどこかで間違えたためなのか?
手引書には書かれていない
バラたちのちょっとひねくれた(?)生態を
見てやってください。


葉を毟り取って強制冬眠させたはずの
Francis Dubreuil (挿し木)。
眠りが浅いようです。
いくつかの芽がずるずると動いています。

FD80206-3.JPG

強制冬眠を決めたのは、
頭をだしたベーサルシュートが
春を迎えてから伸びていくようにする
ためだったのですが、

FD080206-1.JPG

止まらずに伸びてる!
しかも2本になっているし

だいじょうぶなんでしょうか(^^;)
posted by くらまま at 00:24 | Comment(8) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月08日

バラの冬剪定

屋外で時間を費やす剪定作業は
スギ花粉が本格的に飛び始める前に終わらせたい
と思い急遽いたしました。

○一季咲き品種、一季咲き状態の株、そして
 植え付けたばかりの新入り苗は剪定をしていません。
 Blanc Pierre de Ronsard (つる)
 Eye Opener (グランドカバー)
 Felicite Parmentier (アルバ)
 Honorine de Brabant (ブルボン)
 Laure Davoust (ランブラー)
 Louise Odier (ブルボン)
 Rose du Roi a Fleurs Pourpres (ポートランド)
 Rembrandt (ポートランド)
 Snow Goose (つる)
 Sophie de Baviere (アルバ)
 Stanwell Perptual (ハイブリッド・スピノッシマ)
 White Provence(Unique Blanche) (ケンティフォリア)
 Zoe (モス)

○冬剪定した品種は以下のとおり。
 Archiduc Joseph (ティー)
 …しっかりと休眠している芽まで切り戻しました。
  3/4程度の樹高になりました。
  ブラインドになった場合はさらに切り戻すかもしれません。
 Doris Ryker (ポリアンサ)
 …チャイブスとのコンパニオン・プランツ関係を解消することに。
  植え替えて単独にし、休眠している芽まで切り戻しました。
  1/2程度の樹高になりました。
 Francis Dubreuil(接木) (ティー)
 …弱剪定し110cmの樹高に。もっと切ってもいいかも。
  古い枝(幹)は細く短く低く、新しい枝(幹)は強く長く高いです。
  古い枝(幹)にもちゃんと花が咲きますので、
  上から下までバランスよく咲くのではないかと思います。
 Francis Dubreuil(挿し木) (ティー)
 …均質な枝(幹)が地際から横張に広がっている樹形です。
  弱剪定し枝の長さは90cm程度に。
  FD080206-2.JPG
  今月末までにもう少し切りたくなるかも。
 Green Ice (ミニチュア)
 …休眠している芽まで切り戻しました。
  1/2程度の樹高になりました。
 Gruss an Aachen (フロリバンダ)
 …中剪定。
  古い枝が多くなってしまったのでどげんとせんといかん。
 Irene of Denmark (フロリバンダ)
 …2/3程度の樹高にしました。
 La Jolla (HT)
 …いつの間にかセルフスタンダード樹形になってしまいました。
  スタンダードっぽく剪定。
 Lavender Meillandina (ミニチュア)
 …弱りに弱って一本杉になってしまいました。
  1/2程度の樹高にしました。
  根が十分に張っていれば`げんこつ剪定`を試むところですが…。
 Sonia Rykiel (モダンシュラブ)
 …このバラは樹形に大問題を抱えています。
  同じくらいの細枝数本がバランスよくあったところへ
  巨大で優勢なシュートが1本ば〜んと出て、
  他とのバランスが崩れてしまいました。
  こういう状態の木の剪定は大いに迷います。
  シュートは2/3の高さ(1m)で切り、
  その高さに合わせるべく古い細枝は弱剪定にしてみましたが、
  せいぜい半分(50cm)にしかならず、不均衡が残っています。
  この剪定で花付きがどうなるのかは想像つきません。
  
Lady Hillingdon(ティー)は冬の花が好調なので、
今月後半まで楽しんで、中剪定以上に切る予定です。

  Trrasse6feb08.JPG

posted by くらまま at 00:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月06日

凍る朝

080206.JPG

気持ちは春に向かっているのに
窓の外は雪霰

オルラヤ・ホワイトレース080206.JPG
銅色のオルラヤ
posted by くらまま at 10:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物雑記

2008年02月04日

カモミール

AnthemisNobilis.JPG

アブラムシがごっそり付くので
しばらく敬遠していましたが、
うまくすればヒラタアブの保育園になるかも…!?
という捕らぬ狸の皮算用的発想で
(しかしてその実態は単なる衝動買い)
カモミールを置きました。

同居人はムスカリです。

さてこのカモミール、
タグを無くしてしまったので
ローマンだったかジャーマンだったか
わからなくなりました。

検索したところ、葉や茎も香るのが
ローマン・カモミールだそう。
それでは今心地よく香っているこれは
ローマン・カモミールなんですね。

今日は立春。
まだまだ寒い日が続きますが
春の準備を急ぐことにしましょう。
posted by くらまま at 07:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 植物雑記

2008年02月03日

節分の雪

LH080203.JPG
寒さに強い Lady Hillingdon もさすがに凍えそう

雪マーク見逃してた…(ーー;)
今年一番の積雪となっています。
posted by くらまま at 10:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | My Roses

2008年02月01日

同居者たち

我が家にはマジョルカ・ピンクという
可憐なローズマリーがあります。

MPR070303-2.JPG

一昨年鉢増しをした折に
雑草があることに気づき地表部だけちぎり取り
そのまま忘れていました。
先日あらためて鉢をチェックしましたら

MPR080130-1.JPG
スズメノカタビラらしき野草が
ローズマリーの後ろ側でバオバブ化!

MPR080130-3.JPG
実っちゃっています(^^ゞ

探してみると他にも、
カタバミやハコベが春芽をのぞかせており
苔まで同居していました。

MPR080130-4.JPG 
MPR080130-5.JPG 
MPR080130-6.JPG

小さな鉢のなかで仲良く寄り添って
ローズマリーの肥料を

ちゃっかりと…!

愛おしいような光景ではありますが
さすがに雀の帷子は
刈り取っておく方が良さそうな。

MPR080130-8.JPG
posted by くらまま at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 植物雑記
お気に入りリンク
WILD ROSE ・・・・・・・・・・・・・・・ オニポンさん
SEASONINGS
shige's diary ・・・・・・・・・・・・・・・・・ しげさん
風のばら  弐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 笙子さん
風のばら 壱
禁断の薔薇園 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ るいさん
うなうなブログ ・・・・・・・・・・・・ Finviahtaさん
雲雀は涙・・・・・・・・・・・・・・・・・ Lothnilieさん
ポーたちと野に遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・ 銀さん
ベランダのポーたち
ベランダのポーたち【別館】
脳内ガーデナー ・・・・・・・・・・・ 脳内庭師さん
タペストリー ・・・・・・・・・・・・・・・・ らんじゅさん
A New Leaf of Tera 小さな庭の記録
           ・・・・・・・・・・・・・・ MAKIさん     

にゃんこな庭から ・・・・・・・・・・・・・・ ねおさん
Maryの写真大好きブログ・・・・・・・ Maryさん
めりぃのホームページ
木漏れ日の庭 ・・・・・・・・・・・・・ 木漏れ日さん
ねこ と ねずみ ときどき わんこ
ruby's pawの作業ノート
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ruby's pawさん

ivory アイボリー・・・・・・・・・・・・・・・・・ivoryさん
ROUCHEの額・・・・・・・・・・・・・・ROUGEさん
ベランダの宝箱・・・・・・・・・・・・・・・・・棘姫さん
Il mazzolino della rosa U・・・・Violettaさん
Il mazzolino della rosa
ベランダで バラのコンシェルジェを目指して
         ・・・・・・・・・・・・・・・・メアリーさん

kazemakase・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ owlさん
kazemakase(~June,2010)
kimama_ni
Tsurezure*ni
Tsugumi's Diary ・・・・・・・・・・・・・つぐみさん
日曜日ばかりの人生 ( 旧Ill weeds grow apace )
              ・・・・・・・・・・・・いくらさん

美味しい暮らし・・・・・・・・・・・・・・・リーダーさん
私のpot-pourri・・・・・・・・・・・・・・・・葉月さん
烏帽子岳を望みながら バラと移ろう日々の中で
             ………paper moon さん

はなうた……………………………hanauta87 さん

もうひとつのBlog
『庭の小人たち』
 開店休業中です
素材屋さんリンク
プロフィール
名前:くらまま
mail to(半角に変換してね):masapun@rapid.ocn.ne.jp
(C) Ma Petite Terrasse 2005~2013
グルメ大賞受賞!最高級の珈琲約150杯分入り【業務用卸3袋セット】怒涛の珈琲豆セット[G500×3]...